AOKI techno EXTERIOR-LAND 外構・造成工事

宅地造成工事とは

宅地造成工事とは、宅地造成工事規制区域内で「宅地以外の土地を宅地にするため、または宅地において行う土地の形質の変更」で次の規模以上のものをいいます。

  • 切土によって高さが2メートルをこえる崖ができるもの
  • 盛土によって高さが1メートルをこえる崖ができるもの
  • 切土と盛土を同時に行う場合で高さが2メートルをこえる崖ができるもの
  • 高さに関係なく、切土又は盛土をする土地の面積が500平方メートルをこえるもの
※宅地とは「農地、採草、森林、道路、公園、河川その他政令で定める公共の用に供する施設の用に供せられている土地以外の土地」をいいます。したがって駐車場、テニスコート、墓地等も「宅地」として扱われます。
宅地造成工事の施工事例はこちらから 1
宅地造成工事の施工事例はこちらから 2
宅地造成工事の施工事例はこちらから 3
宅地造成工事の施工事例はこちらから 4
宅地造成工事の施工事例はこちらから

外構工事とは

建物本体以外の外部廻りの工事。舗装工事、排水工事、造園植栽工事など。
歩道や道との境界に作る塀や生け垣(これはガーデニングと区別が付きにくいけど)玄関へのアプローチ、駐車場や門扉、花壇や庭の大枠を外構工事と言います。
外構をエクステリアと呼びますが、エクステリアの場合はそこにはインテリアのように装飾性、機能性、娯楽性が大きく含まれます。
外構工事の施工事例はこちらから 1
外構工事の施工事例はこちらから 2
外構工事の施工事例はこちらから 3
外構工事の施工事例はこちらから 4
外構工事の施工事例はこちらから
施工事例
アオキ・テクノの今までの事例をご紹介いたします。